アダルト動画wiki


お問い合わせはコチラ

PR
アクセスランキング アダルト動画ウィキ人気女優ランキング
PR

Home > 仲村みう
仲村みう 検索結果

仲村みう 動画おすすめ

仲村みう 動画リスト

2018-02-04
ファンの皆様お待たせしました。前作の衝撃が冷めやらぬ中、メーカー一同「あの仲村みうを撮影し...
2017-12-23
全国の皆様お待たせしました!人気絶頂で引退した伝説のグラビア女王【仲村みう】が満を持してM...
2017-04-22
グラビア界で注目を集め続けてきた仲村みうのセルフプロデュース作品。‘過激’&‘着エロ’をと...
仲村みう 詳細データ
仲村みう
なかむら みう 仲村 みう
プロフィール
愛称 みうみう、お嬢
生年月日 1991年3月14日
現年齢 26歳
血液型 O型
公称サイズ(2013年1時点)
身長 / 体重 157 cm / ― kg
スリーサイズ 82 - 53 - 80 cm
備考 靴サイズ:24.5 cm
活動
ジャンル グラビアアイドル 、AV女優
活動期間 2005年 - 2012年 2017年 -
他の活動 女優
受賞歴 ミスマガジン2006 ミスヤングマガジン
アイドル: テンプレート - カテゴリ
仲村 みう(なかむら みう、1991年3月14日 - )は、日本の元タレント、元女優、元グラビアアイドル、芸能事務所エートップ元取締役、AV女優。本名、中村 美優(なかむら みゆ23)。青森県生まれ、岩手県育ち。

目次

  • 1 来歴
  • 2 プロフィール
  • 3 人物・エピソード
  • 4 出演
    • 4.1 テレビドラマ
    • 4.2 バラエティ
    • 4.3 映画
    • 4.4 舞台
    • 4.5 テレビアニメ
  • 5 作品
    • 5.1 イメージビデオ
    • 5.2 アダルトビデオ
  • 6 書籍
    • 6.1 単行本
    • 6.2 写真集
    • 6.3 CD-R写真集
    • 6.4 連載
    • 6.5 ネット動画
    • 6.6 愛蔵版コミックス
  • 7 脚注
  • 8 外部リンク

来歴

2005年、芸能事務所スタイルエージェンシー4の地方アイドル発掘オーディションの携帯サイトに応募したことで芸能界入り。当初は、岩手県から東京都へ通うのが難しいということで、ブログを始める。その後、夏休みに上京し、撮影会アシスタントなどを経験し撮影モデルに。それからは、岩手県から東京に通い活動する。中学卒業後に上京し、東京で生活するが、実家にも頻繁に帰省し、東京と実家にいる割合は「半々くらい」。 2005年、雑誌『Beppin-School』10月号でグラビアに初登場し、正式に芸能界デビュー。しばらくは、お菓子系雑誌で活動する。ローティーンとは思えないほどの際どい水着で多数の過激なポーズを披露、話題となり支持された。 2006年、講談社主宰のミスマガジン2006でミスヤングマガジンに選出される5。2008年に実家が引っ越す。引越先は「岩手でも青森でもない」。引越し後は実家から通っていたが、現在は再び東京で一人暮らしをしている。 2009年3月10日、所属事務所の取締役に就任する6。所属事務所は、就任理由について「長年の功績に報いるため」「卓越したプロデュース能力を後輩の育成にも活かして欲しいと考えたため」と、事務所のブログ(現在は閉鎖)でコメント。その一方で芸能事務所K-point(ケイポイント)と業務提携している。 2009年8月20日発売の週刊誌『FRIDAY』で、グラビア活動の引退を発表する。後にブログでも発表する。今後はコラムやブログなどの文筆業をメインとし、取締役として後輩の育成にも力を入れる。女優業やイベント出演はオファーがあれば続けたいとする。 2011年時点では女優業の他、事務所の後輩の育成(グラビアのプロデュース等)、漫画原作、アイドルイメージDVDの監督など多岐に渡って活動していた。同年10月、グラビアに電撃復帰5(本人によると一時引退していた際も後輩の付き添いでグラビア撮影現場に行く事が多かった為、ブランクは感じなかったとのこと。)。その後、雑誌『週刊プレイボーイ』及び写真集『a will』で初のヘアヌードを披露した。同時期に引退も発表。 2011年11月23日に東京カルチャーカルチャー(お台場)で開催された引退イベント『仲村みう a will 〜みうまん大葬祭』を最後に、芸能界を引退。 2012年2月25日、ツイッター上のリプライによる「お別れ会祭り」が開催され芸能界完全引退となった(携帯を操作している様子はラブドルネット上でUstreamにより映像配信された。)。またイベント終了後は、オフィシャルのブログとツイッターアカウントが完全に削除されている。 2017年4月、MUTEKIからAV女優としてデビューすることが報道され7、6月1日にデビュー。 2018年1月1日、専属AV女優としてMOODYZに移籍。

プロフィール

  • 趣味は、イラスト、作詞、ビリヤード、コスプレ(衣装の作成も行っている)、アニメ観賞、フィギュア・ドール収集など。本人曰く、ドールの衣装作成などもよく行うが、フィギュアそのものの改造は苦手だそうである。
  • 特技は、似てないモノマネ。レパートリーは、アンパンマンのチーズのモノマネや松浦亜弥の声マネ、本人曰く、よく滑るというアンパンマンのモノマネ。
  • アイドルファクトリー専属契約モデル。
  • 清純いもうと倶楽部看板モデル。
  • 現役女子高生グラビア出演。
  • Tax Houseイメージガールグランプリ。
  • 一時期、ミスマガジンフットサルチームのメンバーだったいつ?。

人物・エピソード

  • 家族構成は、両親と兄、3歳年下の弟。
  • 小学校3年生の頃に、モーニング娘。の影響を受け、アイドルを目指す様になった。また、その過程で様々なアイドルに興味を持つ様になり、自他共に認める「アイドルマニア」になる。なお、本人の「尊敬するアイドル」の中には、先輩お菓子系アイドルの木嶋のりこやみひろも含まれている。また、デビュー後に好きなアイドルについてコメントした際は、岸波莉穂や時東ぁみ、後述の北乃きいを挙げている。
  • 中学1年生の頃に、即席バンドに傾倒したことがあった。ハロプロ系に惹かれたものの、自分のカラーとは明らかに違い、なおかつ「人と同じ事をやりたくない」という信念からである。また、その頃テレビで見たNHKのしゃべり場で、大槻ケンヂが発した「批判はされても俺は俺だ」との言葉に「自分を持っていてかっこいい」と感化されて、ファンになる。
    • なお、現在もハロプロファンであり元モーニング娘。の小川麻琴とは舞台で共演したのをきっかけに友達付き合いをしている。但し本人はまだ彼女に対する「憧れ」の思いが強い。
  • 中学卒業後、グラビア業に専念するため、全日制高校には通学はせず通信制高校に入学した。
  • 自身が受賞する前年のミスマガジン2005に、当時『Hana★chu→』の専属モデルとして活躍していた北乃きいがエントリーしているのを見て、一読者として投票していたが、自分が翌年同じ立場になるとは全く思っていなかった、とのこと。
  • ほぼ同時期に活躍し、共演も多いしほの涼とは親友であり、互いに名前で呼び合う仲。頻繁に同じ雑誌に双方のグラビアが載り(しほのは彼女を「私の相方」と称したこともある)、趣味嗜好が似ていたりすることなどが仲の良い理由。
  • 自身の最終的な目標は、女優かタレントになることである(但し、本人によると「仕事の種類を一つに絞りたくない」とのこと)が、グラビアアイドルであることに相当のこだわりがあり、年齢にそぐわない水着での過激なショットやゴスロリ調のコスプレ、笑わない表情など、そのほとんどが閃きによる自己プロデュースによるものである。8。
  • 雑誌のインタビューやブログなどで、コスプレ好き9(特に、メイドなどのインドア系やアニメ系がお気に入り)であることを公言しており、アイドルじゃなかったらメイドになりたかったなどの発言をしている10。ブログの画像にコスプレした姿を使ったことも多い。 また、写真集の撮影時に「普段からよく着ている」としてゴスロリ衣装を持参、撮影時の衣装に流用したことがある11。
  • 雑誌インタビューなどで、自分がオタクや腐女子であると言うことが多い1213。
  • 2007年11月に突然「病気で入院し休業」と発表され、予定されていたイベントなどは全てキャンセルされ、ブログの更新も止まった。様々な憶測を呼んだが、2008年2月、遠縁の親類女性に軟禁・脅迫され、解放された後もしばらく身を隠していたことを雑誌記事で発表。その後、芸能活動に復帰した14。
  • インドア派であり、仕事や買い物など、特に外出する必要が無い限り、家で読書やゲームをして過ごすことが多い。外出しても動き回らずに、用を済ませるとすぐ帰宅するか、喫茶店などで過ごすことが多く、そのため、東京に住んでいても東京の地理が分からず、軟禁された時に逃げられなかった理由の1つに挙げている。また、旅行や海外ロケも好きではないとのこと。
  • 好きな作家は、ヒキタクニオ。
  • 芸能活動に関しては「周りには秘密にする事」を条件に学校から活動の許可を得たが、担任教諭が喋ってしまい、周囲に知れ渡った。ちなみに、中学生としてはかなりハードな内容のグラビアやDVDが多いが、級友達は男女問わず、応援してくれたという。
  • 「ミスマガジン2006」発表時のコメントは、「15歳ですが、不思議系セクシーガールでがんばります」だった。なお、本人によると「ミスマガジンのセクシー・エロ担当」で用意される水着も一番小さかったとのこと。
  • 上京後、ペットに小動物を買おうと思い、ペットショップに行ったが、そこにいたヘビに一目惚れ。予定を変更し、そのヘビを購入、「雪乃丞」と名付けて飼育していたことがあり、エサの冷凍マウスも気持ち悪がらずに扱っていたとのこと。本人のブログによると、2007年6月24日に雪乃丞は死んでしまった模様。その後、新しいペット(候補は最初、小型の犬猫または小動物だったが、そのうち種類を限定しなくなった)を飼おうか1年近く考えていたが、2008年5月に、実家でオカヤドカリ3匹を飼い始めたことをブログで発表した。
  • 極度の人見知りで、普段から無口である(多数の人間の前で喋るのが苦手)ため、テレビの深夜アイドル番組で最後まで発言できず、1週で落とされたことがある14。ただ、雑誌などのインタビュー(自分から話題を振ることも頻繁にある)や自身のブログでは饒舌なことがある。
  • 自分の声にはコンプレックスがあるが、声優の仕事を始めたことで、やっと自信を持てる様になってきたとのこと。
  • ブログで詩的な文を書くことがある15。
  • ブログでの一人称は「お嬢」。コメント欄でもそう呼ばれることが多い。撮影現場でもそう呼ばれるため、本人は「『みうみう』から『お嬢』にニックネームが変わった」と、DVDでコメントしている。
  • 水着のグラビアでは、プールや海などで水に漬かったりするカットは、他のモデルに比べると極端に少ない。
  • お菓子系アイドル出身者としては珍しく、女性ファンも非常に多いのが特徴。女性ファンの中に、彼女のスタイルやメイクを気に入っている者が多いことを知り、それに答える形で自己流メイクの仕方や愛用の化粧品類をブログで公開している。
  • 昨今のローティーンアイドルのグラビア・DVDなどの過激路線化は、自分が原因ではないのかと心情を吐露すると共に、現状に対して「やりすぎ。見た人にモデル自身の魅力が伝わらない」とコメントしている。彼女のグラビアでの過激路線は、彼女自身の意思やアイデアで行っているものであり、本人も自分の魅力を表現する一手段と捉えているが、ヒットした後に、低年齢モデルに対し過激路線を強要する例も出て来ている16。
  • 2008年5月、「5月6日にブログを50回更新します」とブログで予告発言し、20時25分に目標達成した。「みうみう祭」というタイトルも付けていた。
  • 好みのタイプは、南海キャンディーズの山里亮太と話していたことがある17。

出演

テレビドラマ

  • 拝み屋横丁顛末記(2006年12月2日、テレビ朝日) - 松川萌絵 役(第1話ゲスト)
  • しにがみのバラッド。(2007年1月29日、テレビ東京) - 藤島豊花 役(第4話ゲスト)
  • 時空警察ヴェッカーシグナ(2007年7月6日 - 9月21日、TOKYO MX) - 桐乃かすみ / 時空特捜キリー
  • ケータイ少女(2007年10月4日 - 12月20日、テレビ埼玉)他放送局 チバテレビ、とちぎテレビ、西日本放送、あいテレビ、ファミリー劇場(スカパー ch.361)

バラエティ

  • E娘! ミスマガジン2006スペシャル(2006年3月30日、TBS / 2006年4月2日、BS-i)
  • E娘! ミスマガジン2006バトル(2006年6月8日・15日、TBS / 2006年6月11日・18日、BS-i)
  • ミスマガ! #03(2006年7月、USEN提供のパソコンテレビGyaO)
  • 天使らんまん 夏休みSP(2006年8月、毎日放送)
  • グラドル女学院(2006年8月 - ?、BSフジ) - 第1期レギュラー出演
  • グラビアトークオーディション(2006年10月28日、フジテレビ) - 第1回出演
  • MIDTOWN TV「○○あい☆コラ!生やぐち」#10(2007年9月、USEN提供のパソコンテレビGyaO)
  • MIDTOWN TV「キネマルネッサンス あ〜や城」#20(2008年6月、USEN提供のパソコンテレビGyaO)
  • うるまでが〜まる(2009年1月 - ?、テレ玉、関西テレビほか)
  • 浜ちゃんが!(2009年11月、読売テレビ)

映画

  • まいっちんぐマチコ先生 Go!Go! 家庭訪問!!(オリジナルDVD、2007年5月発売) - テンコ 役
  • デコトラの鷲 其の五 火の国熊本親子特急便(2008年5月公開)
  • 制服サバイガール(2008年12月公開)
  • テケテケ2(2009年3月21日公開)
  • バサラ人間(2009年3月28日公開)
  • 富江 アンリミテッド(2011年5月14日公開) - 主演・富江 役

舞台

  • メイド喫茶の神様(2007年4月13日 - 15日、シアターVアカサカにて) - 藤山晶 役
  • ケンコー全裸系水泳部 ウミショー(2007年8月2日 - 8日、全労済ホールスペース・ゼロにて) - 姫川佳織 役
  • 2LDK(2010年5月4日、青山円形劇場にて) - 松本希美 役

テレビアニメ

  • もやしもん (2007年) - L.ヨグルティ 役

作品

イメージビデオ

  • フェアリー・仲村みう14歳(2005年12月1日、アイドルファクトリー)
  • 卒業・仲村みう(2006年3月30日、アイドルファクトリー)
  • みうみう(2006年7月29日、ジーオーティー)
  • グラドル女学院 未公開お宝映像集(3)〜仲村みうSP〜(2007年1月17日、イーネットフロンティア) 共演:木口亜矢、溝口麻衣、齊藤夢愛、こばやしまり
  • ミスマガジン2006 仲村みう(2006年10月25日、バップ)
  • ラストステージ-仲村みう(2007年3月31日、アイドルファクトリー)
  • ケガドル!(2007年10月25日、ラブドルネット)※オムニバス作品
  • 舞台 ケンコー全裸系水泳部ウミショー(2007年11月21日、ジェネオン エンタテインメント) 共演:南明奈、矢吹春奈、愛川ゆず季、秦みずほ、川村あんな
  • 仲村悠里 仲村みう×森下悠里(2007年12月24日、アイドルファクトリー)
  • 森下みう 森下悠里×仲村みう(2007年12月24日、アイドルファクトリー) 共演:以上2作品とも森下悠里
  • LOVEDOLNETオムニバス〜Duet〜(2007年12月24日、ビデオメーカー) 共演:大塚みなみ、岸波莉穂
  • LOVE DOL T’s<ラブドルティーンズ>(2008年9月30日、ラブドルネット)※オムニバス作品
  • 聖少女-MUTEKI未成年(2009年3月25日、アイドルファクトリー)
  • Miu. FINAL 1/3(2009年8月22日、アイドルファクトリー)
  • Miu. FINAL 2/3(2009年10月25日、アイドルファクトリー)
  • Miu. FINAL 3/3(2010年1月3日、アイドルファクトリー)
  • ラブドルコンプリート(2010年3月14日、ラブドルネット)
  • 聖少女MUTEKI未成年 -EX (ディレクターズカット版) (2010年5月2日、アイドルファクトリー)
  • a will(2011年12月20日、アイドルファクトリー)
  • FadeOut(2012年2月27日、アイドルファクトリー)

アダルトビデオ

  • Fade In 仲村みう(2017年6月1日、MUTEKI)18
  • 中出し4本番 芸能人MOODYZデビュー解禁SP!! 仲村みう(2018年1月1日、MOODYZ )19

書籍

単行本

  • ナカムライフ(2009年3月、小学館)ISBN 4093637237

写真集

  • Miuのうた(2006年11月、彩文館出版、撮影:斉木弘吉)ISBN 4-7756-0158-X
  • 制服放浪記(2007年6月26日、ワニブックス、撮影:今村敏彦)ISBN 4847040171
  • ケガドル! (2007年7月、ワニブックス、撮影:小久保洋)ISBN 4847040309※オムニバス作品
  • インモラリティ〈サブラDVDムック〉(2008年10月、小学館、撮影:野村誠一) ISBN 4091030645
  • 月刊仲村みう〈SHINCHO MOOK 115〉(2009年4月、新潮社、撮影:緒方秀美) ISBN 978-4107901996
  • ReAL FaKE Doll(2009年8月4日、ワニブックス、撮影:渡邉安治)ISBN 4847041933
  • みうのいた季節(2009年9月4日、講談社、撮影:井ノ元浩二)ISBN 4062156989
  • The Everlasting〈サブラDVDムック〉(2009年10月、小学館、撮影:橋本雅司) ISBN 4091030777
  • 少女メモリアル(2010年1月15日、ジーオーティー、撮影:田村浩章)ISBN 4860847369
  • a will(2011年11月14日、集英社、撮影:井ノ元浩二)ISBN 978-4087806311

CD-R写真集

  • 仲村みう CD写真集(2006年4月30日、アイドルファクトリー)
  • 仲村みう CD写真集 ラストステージ序曲(2007年1月31日、アイドルファクトリー)

連載

  • 『みうまん〜腐っても仲村家!!〜』(「週刊プレイボーイ増刊 漫’sプレイボーイ」第1号(2009年4月30日刊行) - 第5号(2010年4月30日刊行)、「週刊プレイボーイ」第45巻第7号・No.9(2010年3月1日発行・2010年2月15日発売)及び第45第9号・No.11(2010年3月15日発行・2010年3月1日発売)から第47巻第1号・No.1・2合併号(2012年1月9日発行・2011年12月22日発売)まで)

ネット動画

  • ツインテールの小悪魔ロリータ!!-sabra net BB-(小学館sabraサイト)

愛蔵版コミックス

  • 仲村みうのみうまん 1 〜腐っても仲村家20(2010年8月、集英社) ISBN 978-4-0878-2199-4
  • 仲村みうのみうまん 2 a will21(2011年12月、集英社) ISBN 978-4-0878-2423-0

脚注

ヘルプ
  1. ^ K-point 公式プロフィール(web archive)
  2. ^ 名前の読み部分の“みゆ”は2010年11月28日に開催されたトークライブ『仲村みうのみうまんナイト』にて本人がコメント。
  3. ^ ““仲村みう”のお葬式で、最も親しい参列者“中村美優”が涙”. 週プレNEWS. 集英社 (2011年11月25日). 2017年4月26日閲覧。
  4. ^ その後に所属するエートップの前身。
  5. ^ a b “仲村みう、芸能界に未練なし! 改名再デビュー&妊娠は「絶対にない」”. eltha. オリコン (2011年11月19日). 2015年6月26日閲覧。
  6. ^ “17歳グラドル・仲村みうが所属事務所取締役に就任”. オリコンキャリア. オリコン (2009年3月12日). 2015年6月26日閲覧。
  7. ^ 講談社「週刊現代」2017年5月13日号 233頁
  8. ^ QuickJapanVol.68「特集・グラビアアイドル」のインタビュー記事より。
  9. ^ “仲村みう、憧れのチュンリーのコスプレに「ドキドキです」”. オリコン (2009年8月6日). 2016年6月7日閲覧。
  10. ^ “ミスマガジン2006セミファイナル NO.10 仲村みう”. ミスマガジンオフィシャルウェブサイト. 2016年6月7日閲覧。
  11. ^ “仲村みう、生涯"ゴスロリ"宣言 - 「おばあさんになっても続けます!」”. マイナビニュース (2008年10月11日). 2016年6月7日閲覧。
  12. ^ “仲村みうがタイトなアニメコスでやる気注入! 大好きな声優から「美声で攻められたい」”. オリコン (2009年6月23日). 2016年6月7日閲覧。
  13. ^ “みうまん〈2〉a will”. 紀伊國屋書店. 2016年6月7日閲覧。
  14. ^ a b “「AVも妊娠も絶対ない」芸能界完全引退の仲村みう 波乱のグラビア人生”. GREEニュース. 2016年6月7日閲覧。
  15. ^ “仲村みうがブログに不可解な記述、ファンから「心配」の声殺到。”. ナリナリドットコム (2009年2月23日). 2016年6月7日閲覧。
  16. ^ “仲村みう所属事務所社長が逮捕!! 今明かされる“みうみう”の本音”. livedoorニュース. (2007年12月5日). オリジナルの2009年2月6日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20090206003854/http://news.livedoor.com/article/detail/3416297/ 
  17. ^ “取締役グラドル・仲村みう、好みのタイプは南キャン山ちゃん”. オリコン (2009年3月21日). 2016年6月7日閲覧。
  18. ^ 講談社「FRYDAY」2017年5月19日号 89頁
  19. ^ “緊急発売!仲村みうがMOODYZデビュー!初中出し&初3P!▼高橋しょう子が人気シリーズ『1日10回』初登場!▼九重かんなの筆下ろしドキュメント!▼敏感ボディなHの天才がAVデビュー!▼初川みなみ、つぼみなど新作14本!【1月1回目発売予定作品を画像大量でご紹介】 (1/4ページ)”. DMMニュースR18. DMM (2017年12月1日). 2017年12月1日閲覧。
  20. ^ 漫’sプレイボーイ2009年5月30日号、2009年9月20日号、2009年11月20日号、2010年1月30日号、2010年5月30日号、週刊プレイボーイ2010年9号、11号〜17号掲載分
  21. ^ 週刊プレイボーイ2010年28号〜2011年51号掲載分を抜粋

外部リンク

  • 仲村みう (@Nakamura__MIU) - Twitter

【全3件】
オススメサイト
PR