アダルト動画wiki


お問い合わせはコチラ

PR
アクセスランキング アダルト動画ウィキ人気女優ランキング
PR

Home > まり
まり 検索結果

まり 動画おすすめ

まり 動画リスト 292件

2018-11-12
※オナニーのみ ななみちゃん(仮名)18歳 初めて彼女に出会ったのは、まだ彼女のお...
2018-11-09
今日はあのちっちゃくて可愛い小西まりえが黒人デカマラとまぐわう日。 いきなりブラックモンス...
2018-11-07
お世話になっております。 何かもう・・・色々と様子のおかしい人妻と会ってきましたw ...
2018-11-07
エッチが好きというさゆりちゃん。 中を見たいと言うだけで、めくるのではなく、上着とシャツ...
2018-11-07
ななみちゃん(仮名)18歳 初めて彼女に出会ったのは、まだ彼女のおっぱいが成長する前...
2018-10-28
有名女優達の夢の共演!!美でしか実現できない痴女の祭典!全員が喘ぎ・悶え・高揚する接吻・レ...
2018-10-24
久々にまりんちゃんと再会しました~♪ いつ見てもカワイイまりんちゃん下着姿でトークし...
2018-10-01
続編となる今作は、前作と対になるように、固定3カメによるマルチアングルとワイプを使用した客...
2018-09-10
まりかちゃんがセクシーランジェリー姿で再登場! いきなり4Pスタート!ガンガンわしづかみに...
2018-08-25
他愛のない話をしながらイチャイチャしたくなる奥さんですね。 一日中ベッドで過ごして、その...
2018-08-19
ななみちゃん(仮名)18歳 初めて彼女に出会ったのは、まだ彼女のおっぱいが成長する前...
2018-08-10
まだ和らぐ様子を見せない寒さ。おまけに大抵の人が仕事帰りであろう夜。知らない人に声を掛...
2018-07-26
なんだろう・・なんだか・・興奮するw赤羽駅前でスラッと伸びた美脚で綺麗でノリの良い...
2018-07-23
冬の訪れを感じる小●急新宿の前。「最近、悩んでいることはありませんか?」とテレビの...
2018-07-03
なんと、ちゅぱ王史上最もダウンロードされて、伝説となったあのまりちゃんが帰って来ました♪ ...
2018-07-02
20年以上の時を経て再デビューを果たした、俺達のアイドル「アダルトビデオ」の女王・松本まり...
2018-06-24
縄跳びで縛られた唯子さん。まるで縄跳び、しかも二重跳びをしているぐらいに大きく跳ねる、チ○...
2018-06-13
女が悦ぶ本当の癒しをまりな姉さんがお教えいたします。ねぇこっちおいでよと言わんばかりに...
2018-05-30
料理をさせながらのシチュエーションH。いきなりパンツを被られて、ドン引き気味の唯子さん!エ...
2018-05-23
「洗濯してたパンツがなくなってる!貴方が盗んだんじゃないの!?」とクレームをつけにきた茶髪...
まり 詳細データ
まり
手鞠
手まり(てまり、手毬、手鞠)は、日本に古くからある遊具(おもちゃ)のひとつである。「新年」の季語。当初は、芯に糸を巻いただけの物であったが、16世紀末頃より、芯にぜんまい綿などを巻き弾性の高い球体を作り、それを美しい糸で幾何学的に巻いて作られるようになった注 1。ソフトボールよりやや大きく、ハンドボールよりやや小振りのものが多い。 婦人や女児が屋内外で下について遊んだ。室内ではひざまずいてつくこともある。江戸中期以後とりわけ流行し1、特に正月の日の遊びとして好まれた2。 明治の中期頃からゴムが安価になり、よく弾むゴムまりがおもちゃとして普及して、手でついたり(地面にバウンドさせて)あるいは、空中に打ち上げて遊ぶ。女児のおもちゃで、江戸から明治期には、正月の遊びとされるが、現在では通年の遊びとなっている。

目次

  • 1 蹴鞠と手まり
  • 2 ゴムまり
  • 3 おもちゃから工芸品へ
  • 4 脚注
    • 4.1 出典
    • 4.2 注釈
  • 5 参考文献
  • 6 関連項目

蹴鞠と手まり

日本には、「まり」と呼ばれるものが2つある。ひとつは蹴鞠で、これは2枚の鹿の皮を縫い合わせて作り、主に男子の貴族が楽しむスポーツまたは神事として行われた。もう一つが手まりで、女児の遊びであるが、江戸時代には男児も一緒に楽しむことがあった。歌人としても知られる越後の禅僧・良寛は子供たちとよく手まりで遊んだ。

ゴムまり

ゴムまりとは、弾力の強いゴムで作った中空のボールである。20世紀に入ってから急速に普及した。1909年に発表された夏目漱石の「それから」に護謨毬(ごむまり)という語句が見える注 2。 それまでの、木綿を芯にした手まりは、よく弾ませるにはよほどの力が必要で、幼い子はしゃがんで注 31尺か1尺3寸くらいの高さでついていたが、護謨毬なら3尺くらいからでも楽につけ、楽しさも数倍になった。この頃から戦後まで、まりつきはもっとも人気のある女児の遊びだった。多くの手まり歌が作られたのも、明治後期である。

おもちゃから工芸品へ

近年では、おもちゃとして遊ばれる事は少なくなっており、伝統工芸品の手まりが装飾品として喜ばれている。

脚注

出典

ヘルプ
  1. ^ 世界大百科事典(平凡社)
  2. ^ 平出(1902年) p136

注釈

  1. ^ これらのまりは、非常に弾性が高くてよく弾む。例えば野球の硬球も中はコルクに糸を巻き付けたものを革で包んだ物である。
  2. ^ 「代助は昨夕床の中で慥かに此花の落ちる音)を聞いた。彼の耳には、それが護謨毬を天井裏から投げ付けた程に響いた。」
  3. ^ 平出(1902年)138頁にはふたりの少女が向かい合ってしゃがみ、手まりをついている挿絵がある。まりをついている方の少女は長いたもとを左手で押さえている。もう一方の少女が履物を履いていることから見て屋外である。

参考文献

  • 平出鏗二郎『東京風俗志 下巻』富山房、1902年(明治35年)/2011年、ISBN 978-4-572-00639-4

関連項目

  • 手鞠歌
  • 御殿まり
  • 柳川まり

【全292件】 123456 >
オススメサイト
PR